糖尿病患者が語る、これで血糖値下がりました。

血糖値は意外に簡単に下げられる、問題は継続できるか?だ

セレブのダイエット 最強の食事

このところごく一部のセレブの中で熱い注目を集めているのが最強の食事

The Bulletproof Diet(防弾食?)

 

ここに書かれている完全無欠コーヒーをある著名な人にセミナーで紹介されて飲み始めてみた

 

するとどうだ!!

体重がみるみる下がる、なんてことはなかったけれど

 

血糖値がしっかり下がっている

 

 

実際の所

僕の場合糖質制限をやっていて辛いのが

食事をした満足感がない。

 

鶏の胸肉を2枚食べれば、

満腹にはなるが満足感がない

満腹感が持続しない

 

 

どうしてもこめの飯、食いたい!

甘い物が食べたい!

 

そして、買い置きしてある

お菓子を一口、もう一口そして一袋

(お菓子の買い置きはやめてくれと何度女房に言っても、意思力が弱いのねのひと言で済まされてしまう)

 

意思力はあっと言うまにすり切れると

スタンフォードの自分を変える教室を出してここを読んでみればわかると言っても

本は嫌いだからと読んではくれない

 

 

言い訳はともかく、

ついつい、間食、甘い物、糖質に手を出して

血糖値は下がらない。

しかも、夕飯後

しかも、夕飯は平均午後8時半だ

さらに暁現象で朝の血糖値は200だ!

 

どうしましょう。

 

 

 

ところが、

この最強の食事だと、苦しくない

満足感がある

しかも他の方法より理論的に思える

 

そこでこの最強の食事を紹介しようと思う

とても楽しく読める本なんですが

楽しく読めるけど、ダイエット方法がまとめて書かれていない。

 

 

痩せようと思って読むと大変わかりづらい

そこで最強の食事について

わかりやすくまとめてみました

 

この本によればダイエットの基本は運動ではなく食事

よい食品、悪い食品があるので

よい食品をレシピ通りに食べることで痩せられる

食べる量は好きなだけ!!、ただしレシピ通り

しかも期間はたったの2週間!

 

よい脂肪をたっぷりとろう

カロリーは体型には関係ない

糖やでんぷんは太る効果があるが

脂肪は痩せる効果がある

 

この本の食品選びの肝は

酸化した食品を食べるな、

カビ毒に気をつけろ

よい脂を取れ

 

 

 

最強の食事方法(ダイエットするなら)

朝食はバターコーヒー(完全無欠コーヒー)のみ

バターコーヒーはおやつとしても、もう1回可能

昼食は前日の夕食の18時間後

昼食と夕食の間隔は6時間以内

 

 

毎晩夕飯が8時になってしまう僕は

昼飯は午後2時過ぎてからがいいと言うことになります。

 

 

 

週に1回はタンパク質カットの食事

 

果糖は中性脂肪を増やす。

 

 

 

完全無欠コーヒーの朝食とガストの朝食を較べてみると

ガストのスクランブルの朝食Jセット だと

確かに朝食を食べて2時間もしないうちに腹が減ってくる

 

ところが

バターコーヒーなら昼過ぎまでは腹持ちする大丈夫、

ひもじい感じなしにお昼までは保つ

あー腹減ったと、空腹を抱えて仕事をする必要はない

まっこんな感じ(写真にはMCT(オイル)が入っていない)

bpc2

このグラスフェッドの無塩バターがなんと2700円もして250g

薬だと思って買ったけど、次回からはギーにしよう

 

 

さて、この完全無欠コーヒーを一週間続けたら血糖値はどうなったか

この1年ほど空腹時の血糖値が130台になったのが数回、110台になったのが2回ありますが

自慢じゃないですが100を切ったことはない。

運動をしても、丸一日食事抜きでも、血糖値は血圧より高いのが僕の標準です。

 

ところが、昨日80台になりました。(正常値ですよ)

80台の血糖値を見るなんて、それこそ数年ぶりです。

夫婦で読む糖尿病情報 Frontier Theme