糖尿病患者が語る、これで血糖値下がりました。

血糖値は意外に簡単に下げられる、問題は継続できるか?だ

停滞期の対策



現在の自分の状態を見てみましょう。
停滞期が起こるのは、身体のメカニズムによるもので、あなたの努力が足りないからでも、気が緩んでいるからでもありません!

停滞グラフ       

こうして計り続けていると、1~2ヶ月に1度、体重が減るペースが落ちることがあります。
ほとんどの人が経験する”停滞期”です。

どうして、こうなるの?
摂取カロリーが減って、消費カロリーがこれまでより増えると、身体が省エネモードに切り替わります。
順調に減っていた頃は、
摂取カロリー < 消費カロリー  (脂肪を毎日100g燃やしていた)
それが、50gの燃焼になってしまったり、人によっては、省エネが進んで、さらに燃焼が少なくなり、体重の減少がストップしていまいます。

グラフに変化がなくなり、楽しくない時期ですね。
でも、いつかは抜け出すことが出来るので、焦らず、辛抱の時です。

停滞期の省エネは、燃費が良くなっているのではなく、身体の中でやりくりして、使うエネルギーを少なくするようにしているのです。
だから、体重が減らないだけでなく、なんとなくだるかったり、いつもより疲れ気味だったり。本当は使うべきエネルギーを飢餓の危機の為にケチって使ってみたりする。

ちょっと不安にもなりますが、身体は、生活習慣が変わらない事を認識すれば、再び前の通りにエネルギーを使うようになり、当然、体重もまた落ちてきます。

一番良くないのは、停滞期に、無理にでも体重を減らそうとして、無理な食事制限をする事です。
 

 



 

停滞期がガマン出来ない人へ 

どうしても停滞期がガマン出来ない、挫折しそうで怖い時には、筋肉トレーニングをしてみてはいかがでしょうか?

筋肉の量が増えれば、それだけ基礎代謝量が増えることになります。基礎代謝が上がれば、身体も省エネの無意味さをそれだけ早く認識することが出来ます。

その際、鉄アレイや腹筋運動などもいいですが、エネルギー消費量は、筋肉の種類によって異なります。

最も多くのエネルギーを使っているのは、姿勢やバランスを保つ為にある、身体の内側の筋肉だと言われていますから、

ゴムのチューブバンドバランスボールを使った運動が効果的かもしれません。



Updated: 2014年9月4日 — 9:16 PM
夫婦で読む糖尿病情報 Frontier Theme