糖尿病患者が語る、これで血糖値下がりました。

血糖値は意外に簡単に下げられる、問題は継続できるか?だ

人間ドック、集団検診に優れた病院とは?

普通の人は、人間ドックや、集団検診などどこも同じだと思っていますよね。あるいは評価不能ですよね。

ところが、人間ドックや集団検診は病院によってぜんぜん違います。

検診の結果誰が見ても同じですが、問題はその後の健康指導です。

私が一番、しっかりしているとすっかり感心したのが九州、久留米にある聖マリア病院です。内科部長まで出てきての食事指導で、きわめて具体的です。

糖尿病対策の集団食事指導ですが、レシピでちゃんと料理が出てきて、2単位分のご飯を自分で給仕して、2単位と言うものをしっかり覚えさせる。

よく噛む、よく噛む理由、食べる順序、その理由、なぜ1単位が80kcalなのか、なぜあなたの食事の単位が20単位なのか、と専門医と栄養士がペアで指導です。しかも、それはメタボが問題となるだいぶ前の時期です。

私が取りあえず健康診断を受けた内科医(ネシーナを処方して、2週間後ね)も、今いる国立病院(あなたの場合21単位ね。)わからないことがあったら聞いて。これって指導ですか?

つまり、いい病院は、検診で問題が発見された後の健康指導をどうするかです。あなたが会社の総務(健康診断を管理する部門)であれば、予算を決めたら、その次は病院の指導に参加して下見をすべきです。



その私が、これだと認めたのが荒木先生の指導内容です。⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒

糖尿病になりたくない人、メタボ、糖尿病予備軍の人にもお役に立つことを私が保証します。

 

Updated: 2014年9月4日 — 10:29 PM
夫婦で読む糖尿病情報 Frontier Theme