糖尿病患者が語る、これで血糖値下がりました。

血糖値は意外に簡単に下げられる、問題は継続できるか?だ

糖尿病薬一覧(詳しくは薬剤師に)

医者でも薬剤師でもありませんので、興味があって調べたところだけ。

<スルホニル尿素薬(SU剤)>

  ・ヘキストラスチノン(トルブタミド)
  ・ジメリン(アセトヘキサミド)
  ・デアメリンS(グリクロピラミド)
  ・アベマイド(クロルプロパミド)
  ・オイグルコン/ダオニール(グリベンクラミド)
  ・グリミクロン(グリクラジド)
  ・アマリール(グリメピリド)

インスリンの分泌を促進します。重症用ということで、副作用は低血糖症によるめまい、悪心(気分が悪い)。心血管疾患による死亡率を増大するという説もあります。


<フェニルアラニン誘導体>

  ・スターシス/ファスティック(ナテグリニド)
  ・グルファスト(ミチグリニドカルシウム水和物)
  ・シュアポスト(レパグリニド

インスリン分泌を促進させる。食後は吸収が悪くなるので食直前に内服するタイプ


<ビグアナイド系薬>

  ・グリコラン/メルビン(メトホルミン塩酸塩)
  ・ジベトス(ブホルミン塩酸塩)

肝障害、腎障害、心障害の既往がある患者には使用をさける。糖新生を抑え,筋肉での糖の取り込みを促進、さらに腸管でのブドウ糖吸収を抑制すると考えられている


<α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)>

  ・グルコバイ(アカルボース)
  ・ベイスン(ボグリボース)
  ・セイブル(ミグリトール)

食前に飲むこと、ブドウ糖の吸収を抑える。α-グルコシダーゼを阻害し、消化吸収を緩徐にすることで、血糖の上昇をおさえるので、食後過血糖改善薬ともいわれる。サラシアティーや菊芋(ヤーコン)の薬効に関する論文を見ていると、サラシアティーやヤーコン茶にはどうようの効果があるらしい。


<チアゾリジン誘導体>

  ・アクトス(ピオグリタゾン塩酸塩)

インスリン抵抗性を改善、肝における糖産生の抑制、末梢組織での糖利用を高める
ことで血糖値を低下させる。副作用はむくみです。


<DPP-4阻害薬>

  ・グラクティブ/ジャヌビア(シタグリプチンリン酸塩水和物)
  ・エクア(ビルダグリプチン)
  ・ネシーナ(アログリプチン安息香酸塩)

インスリン分泌が促進される。GLP-1には胃排泄能低下作用があり血糖上昇が穏やかになり、インスリンを産生するランゲルハンス島β細胞の増殖を促すのではないかと期待されている。低血糖の副作用が少ない。

ネシーナは私が今使っている薬です。一日朝一回とお手軽なのがいいですが、血糖値が300超えているのですから、まずはここらへんからと言うことだそうです。


<GLP-1誘導体(GLP-1受容体作動薬)>注射です

・ビクトーザ(リラグルチド)
  ・バイエッタ(エクセナチド)

グルコース濃度依存的、つまり血糖値が高い場合にのみインスリン分泌刺激作用を発揮。 胃内容排泄を遅らせ、食後の満腹感を高めることにより体重減少作用を示す。

Updated: 2014年9月7日 — 9:58 AM
夫婦で読む糖尿病情報 Frontier Theme