糖尿病患者が語る、これで血糖値下がりました。

血糖値は意外に簡単に下げられる、問題は継続できるか?だ

こんにゃくご飯は糖尿病によい(利用者の声から)

こんにゃくご飯に出会い、主食である「ごはん」のよさを見直しました。

「ご飯を炊くときに一緒に入れるだけで、カロリーがカットされるのです」
「おコメ1合に対して、このパック1つでカロリーが30%カットできます」

という宣伝文句につられて試してみた、こんにゃくご飯80gパック。

見た目にはまったくのおコメです。

1 カロリーを30~50%カットできる。
 食事制限中でも、いつもと同じ量でカロリーカットが可能である。

2 食物繊維が豊富である。
 食物繊維の摂取で、お腹もスッキリする。

3 普段と同じ炊飯でOK
 お米に加えて炊飯する。

4 糖尿病など生活習慣病が気になる方に最適である。
 低カロリーで、満腹感が得られる。(私にとってはとても重要です)

こんにゃくご飯ダイエットのよさは。
毎日の主食で 無理なく自然に30%~60%カロリーオフできる。
「こんにゃく」から生まれた食物繊維たっぷり!!のごはん

乾燥粒こんにゃくご飯」は、コンニャク独特の匂いがしない。
澱粉を原料に使用し、ごはんに近い食感である。

主食として食べる時に、カロリーを自然に抑えられる。

こんにゃくは低カロリーで、食物繊維が豊富であることはわかっています。
食物繊維をどうやって摂るか、がテーマである糖尿病の私にはぴったりです。

1日の摂取エネルギー量の約半分、8.5単位を主食であるご飯から摂ります。

主食であるを見直すいい機会です。
白米からこんにゃく飯へ、体により良いごはんに転換することにしました。

私の場合、ごはんは1食140gと制限されています。
白米ですと235kcal、こんにゃくごはんにすると175kcalです。
60kcalの差は、好物にまわすことができます。これですよ。

早速ご飯を炊くときに入れてみました。
こんにゃくから生まれたとありますが、特有の臭みもなく素直に食べられます。

低カロリーながら豊富な食物繊維の摂取という観点から、
こんにゃくが見直されてきています。
こんにゃくダイエットという言葉も聞かれます。

まさに!ごはん革命!!

Updated: 2014年9月4日 — 8:58 PM
夫婦で読む糖尿病情報 Frontier Theme